関空駐車場の住宅街立地での対応策

関空駐車場でも住宅街の中にある駐車場では、近隣住民に対する配慮が必要になる。環境影響項目の中で一番先に挙がる項目である。 その配慮の内容としては、騒音や排気ガスの臭いといったものである。

特に、関空の利用者の多くは朝早くや夜遅くの利用者が多いので、関空駐車場の経営者は神経を使うところだろう。深夜や早朝のクルマの出し入れは、騒音や排気ガスの臭いなどで近胥住民に迷惑をかけることになり、苦情がくるケースもある。冬や夏など、冷暖房をかけっぱなしで何十分も放置してある場合があるが、騒音や排気ガスの視点から見ても、節度のある利用を呼びかけなくてはならない。そのために、関空利用者の駐車場契約時に、深夜の出し入れ時には、①静かに出し入れする、②エンジンのかけっぱなしはしないなどの注意書きが必要になる。

2)平面式駐車場の対応策

また、住宅街の駐車場は、平面式が多いが、その表面をコンクリートで覆わないほうが環境の負担を減らすことになる。現在は「ヒートアイランド現象」が大きな問題になっており、その対応の一つとして、「地表面被膜の改善」が課題となっているからでる。

「ヒートアイランド現象」に対応するために一番良い方法は、駐車場の路面は砂利や土のままにしておくことである。しかし、その場合、雑草などが生えてくる時の対策も環境配慮が必要になる。雑草対策として、除草剤など。関空駐車場では、サービスを競う側面もあるためにアスファルトにする場合が多いが、安い駐車所湯ばどは土のままなどで営業しているようだ。

7)農薬をまく場合が多いが、環境影響としては、土壌汚染につながるので、環境に負担をかける結果となる。近隣住民も安全性に不安を持つので、薬剤を使用しない対応が重要になる。

このように住宅地での関空駐車場は周りへの配慮が必要となってくるが、その分大きい道路に面してるようなパーキングに比べると賃料が安くあがるという利点がある。