関空のパーキング管理について

(1)期待される建築技術の開発と|丁活用
バブル経済崩壊後も、市街地における駐車場用地の面積確保は相変わらず
厳しい状況にある。今後もこれらの貴重なパーキング用地をできる限り有効に活
川するための機械式駐車場の機能向上への開発努力が進められることになろ
う。関空パーキングについても同様に技術開発がされ、駐車スペースが増えれば料金低下などのメリットも生まれるだろう。地上部の高層化や地下部の大深度化、重列化による高密度化などを可能にする建築技術の開発と、これらの設備を効率的に運用するためのITの活用がますます関空パーキングにも要求されることになる。
(2)広がる無人管理
関空の機械式駐車場の効率的運用は、装置の操作性と安全性を求めるし、制御機能や管制機能の安定性を求めることになる。また、パーキング入出庫管理やパーキング事務管理の合理化をさらに推し進めることによって、無人管理を拡大させていくことになろう。
(3)期待される「パーキングシステムサービス」
機械式駐車場のより一層の普及を図るためには、利用者に「使いやすい」
「便利」「安全」などの感触を持たせることが必要である。ターンテーブルの
組入れによって、「前進入庫」と「前進出庫」によって車の運転技術への容
易さと、入出庫時の前方の「安全確認」の容易さを確保したり、格納装置の
駆動の高速化によって出庫時の「待ち時間の短縮」を図ったり、出庫予約シ
ステムなどによって便利さを提供するなど、関空パーキングシステムサービス」の向上が期待される。
関空パーキング 関空ドリームパーキング